Amazon returned invalid HTTP response code 503

春の雪/山崎真実manifo...

2005年 11月 23日 水 10:05 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

春の雪
した聡子が 「若いときの聡子が日陰の顔なら、今の聡子は日向の顔である」 と表現されてるんですが、本当に竹内結子演じる聡子が日陰の顔なのには 感心しました。私のイメージでは、聡子はもう少し明るいチャーミングな人なんですが、

山崎真実 manifold
が過剰な演出(頻繁な画面切り替えは本当に見難い!)をやめてくれることへの期待を込めての星5です。傑作といっていい竹内結子に加藤夏希を足した雰囲気(もちろんカラダは加藤の方)、それに安田美沙子のはんなり関西弁と新体操選手の運動神経を併せ

湧口愛美、松原静香 美少女
人気女優柴咲コウさん(25)や竹内結子さん(25)所属の スターダスト・プロモーション。音楽部門のスターダスト音楽出版から今秋、 2人の美少女歌手がデビューしました。ranking←ちょっと見てください 続きを読む前に rankingcheck

「天国の本屋」
竹内結子甦り系第3弾。天国と現世でそれぞれのストーリーが展開し、それが地上で交錯し感動のラストという映画なんだが、天国も現世それぞれの恋模様も中途半端なら最後に交錯する場面もダメダメ。全然交わらない。これだと香川照之が花火を作ったことしか浮か

初アイススケート!
いていたのが幸運。お尻は痛いし、手にあざはできるし。。。それでもめげず、フジテレビの“HERO"で、竹内結子がひたすらアイススケートの練習をする場面を想像しながら。。。黙々と、いや危なげに滑る姿は、他の人の目には奇妙に

連休
『ウォーターボーイズ』と書かれたビデオに『いま、会いにゆきます』が入ってたんで、それを見てました。竹内結子キレ〜〜〜o(∇*o) o(*∇*)o (o*∇)o キャアキャア♪他の映画とかで

オブジェクト化する身体 まなざさない竹内結子
我々は日常生活を主体性を持って生きていると感じている。私が見るから物が見えるのである。私が見たことで、庭の小石も意味を持つのだ。こうした主体のあり方を、まなざす主体と言おう。また、それによってまなざされる物を客体と

いま、会いにゆきます
いま、会いにゆきます 2004年作品 解説: 死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説の映画化。監督は「ビューティフルライフ」や「GOOD LUCK!!」など数々のヒットドラマをてがけた土井裕泰。主演にはドラマや映画で引っ張りだこの竹内結子が初

いま、会いにゆきます
涙にじませて、 本を読んでまた涙する…と。やられました。映画とちらっと見たドラマの様子では「たっくん」のイメージは 獅堂よりも成宮くんなわけですが(でも成宮くんも微妙に違う)、 獅堂の「たっくん」の方が私は好きです。澪は竹内結子でも

春の雪
予定。あの分厚い小説が2時間に凝縮されるということは、こ難しい部分はすべて省略で、ただただ美しく、悲劇的に描かれるのだろうなぁ…という、予想。竹内結子は好きだし、妻夫木聡も清顕の繊細そうな夢見がちな少年の雰囲気が似合いそうだし、

Powered by goo

このエントリーをはてなブックマークに追加